「real frontier」デモ音源

Posted on 2015年12月31日 Under Youtube

2016年1月発売予定の1st album、「real frontier」のデモを作成しました。全曲オリジナルのインストゥルメンタルになります。

収録曲は下記の7曲になります。

1 星のおうじさま
2 どうしても許せないことがあって海をみている
3 Name of Love
4 お人形になりたい
5 a lingering scent
6 improvisation
7 祈りのうえにいきている

各曲についてざっくり綴ります。

【1 星のおうじさま】
「愛をさがしてる 愛を求めてさまよえる」
あたたかく、いびつで、どこかせつない。
残響を大事に、何か懐かしい雰囲気を醸し出せたらと思います。

【2 どうしても許せないことがあって海をみている】
「愛はなぜ 死んでしまうのだろう 愛はなぜ 私たちをまってくれないのだろう」
曲の流れの中に人のいのちがこと切れるというシチュエーションを作りたかった。
人が好んで見せないであろうワンシーンを切り取った曲です。

【3 Name of Love】
「愛の名前」
めずらしく楽譜に四声体で起こした曲。
淡々と冷たく、ことばすくなに。でも最後は希望をもって。

【4 お人形になりたい】
「あなたのその背 見送りひとり いまかいまかと その帰りを まちわびているの」
かれこれ五年以上前の曲と思います。
ダウンロード配信されている「満月の夜に」と同時期の曲です。
ある種の矛盾する無償の愛をうたっています。

【5 lingering scent】
「悲しみを待つ水の中に 咲いた肌は枯れて朽ちる
残り香を吸う蓮の花よ あなただけには見てほしい」
「残り香」というタイトルです。
収録一日前、「追憶」という曲が気に入らなくなり、代わりに急遽作成。

【6 improvisation】
「dedicated to Ryota H.」
私の大大大好きなピアニスト・作曲家でいらっしゃる平松良太さんに憧れて、やってみた即興演奏7分。

【7 祈りのうえにいきている】
「Living on a prayer」
つまりはこれを言いたくて7曲収録しました。
いびつで洗練されていないテイクです。私らしいテイクです。

CDについての詳細はプレス終わり次第、告知させていただきます。
私らしいカラーがよく出たアルバムになりました。
読んでくださりありがとうございます。